もう一匹の猫

我が家には、もう一匹の猫がいます。

いつの頃からか、庭にやってくるようになりました。

(ノラではなく、コミュニティ内の飼い猫)

どこのうちの子かも、名前も知りません。

眼光は鋭いけれど、とても人懐こくて可愛いの。

ぎょろっとした目力が印象的だったので、

ギョロちゃんと呼んでいます。

 

f:id:cChiara:20200417070215j:plain

 

 

f:id:cChiara:20200417070232j:plain

 

 

今日、ふと気づいたことがありました。

どこでコロナ感染が発生するかわからない今、

しばらくギョロちゃんも撫でてあげられない… ってことに。

ギョロちゃん自身が感染者(猫)ということではなくて、

ウィルスの運び屋になる可能性があるってこと。

 

自身も含め、すべての人が感染していると考えて行動するべきと、

ニュースで言っていました。 その通りだと思います。

ひとへの配慮であり、用心でもありますから。

 

もし私が感染していてギョロちゃんを撫でて、

おうちに帰って本物の飼い主さんに移したら?

その逆だって考えられる。

とにかく、他人様の猫には触らないのが一番。

 

 

世の中がこんなことになっているなんてつゆ知らず、

いつも通りの日常の中で生きているギョロちゃん(トトとタラもそうだけど)は、

「おばちゃん、おはよう! 今日も撫でて。」とやってきます。

そんなギョロちゃんに応えられないのはとっても辛いけれど、

今はね、許してね。

 

 

 

//////// 今日のイタリア語 ////////

Ho ricevuto una e-mail dalla maestra con i compiti.

(先生から宿題が添付されたEメールを受け取りました。)